PAGE TOP ▲

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京丹後七姫伝説番外編 京都府京丹後市久美浜町と中村静香を強引にコラボレイト。

京都府京丹後市久美浜町は京都府の北西に位置する町で、2004年4月1日に京丹後市として生まれ変わるまで京都府熊野郡久美浜町という町でした。

人口約10,000人の小さな町で豊かな自然に囲まれ、ヒトと自然が共生する昔ながらの日本の風景が沢山残っています。


京丹後市久美浜町は日本海と久美浜湾があり、夏は海水浴が楽しめ、冬は松葉蟹、久美浜湾のかきなど新鮮な海の幸を満喫できる食の町としても知られています。


日本海に面した海岸線の美しさには定評があり、山陰海岸国立公園と山陰ジオパークに認定され、山陰随一の白砂青松のロングビーチがひろがっています。


久美浜北部の小天橋は昔ながらの漁師町で、その面影を残しながら、多数の民宿や旅館が建ち並びます。

また久美浜湾周辺には歴史を体験できる建造物や重要文化財もある上に、冬の蟹をはじめ海の幸が宝庫な土地で、隣接する兵庫県豊岡市の城崎温泉と併せて日本海の観光を満喫できる場所です。


以上、京都府北部にある久美浜という町をPRしてみたのですが、久美浜町と中村静香がどう関係するのでしょうか。

実は中村静香さんの出身は久御山高校という京都府の公立高校で、全国高校サッカーで京都府代表として出場したことのある学校です。

勘の鋭い方はお気づきでしょうが、久美浜と久御山、とても読み方と漢字が似ています。当ブログが京都府北部から応援しているのと併せて、似ているつながりでPRしてみました。


久美浜湾で楽しむ中村静香、というイメージ。↑久美浜湾ではありませんのでご注意を!


リラクゼーション施設で楽しむ中村静香、というイメージ。久美浜町でリラックスしているわけではありませんのでご注意を!




もはや説明不要でしょうが、テニスコートで楽しむ中村静香。久美浜町のテニスコートではありません!

とまあ勝手にコラボレーションしてみましたが何もオチはありません。

※一部画像はやわらかしずか、ぷるぷるしずか(何作目かは失念)から引用しました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。